# RS-232/RS-485伝送方法


# はじめに

LANシリーズにはRS232及びRS485用の接続端子がついており、インターネット経由での伝送が可能です。
ここではRS232及びRS485の伝送方法の手順をRS485での実例で紹介します。

※検証環境:
下記のようなシステム構成です。
遠隔で映像を監視しながら
LAN-UHD265D⇒インターネット⇒LAN-HD264E
を経由して操作対象へRS232、RS485を伝送します。

# 手順

  1. コントローラーとLAN-UHD265Dを接続する
    コントローラーのRS-485信号線を有線でLAN-UHD265DのRS-485端子へ接続します。
    (信号の+極は+の端子に、-極は-の端子に接続します)

  1. LAN-UHD265Dの内部設定を設定する
    ブラウザでLAN-UHD265Dにログインし左メニューよりDevice>シリアルを選択し信号情報を入力します。

  2. 設定をコントローラー側と正しく合わせる事ができれば、Device>Informationにてコントローラー側から信号を送った際にビットレートがたちます。

  1. ネットワーク>リモートを選択し、接続先のLAN-HD264Eの情報(IPアドレスやパスワード)を入力、「適用」をクリックします。

  1. LAN-HD264E側でも同様にDevice>シリアルをLAN-UHD265Dと同じ設定にします。

  1. 設定が合っていれば、コントローラーで操作した信号がLAN-UHD265⇒インターネット⇒LAN-HD264Eの流れで伝送されます。
    信号を受信しているかはDevice⇒Informationで確認できます。

  1. 本例ではTX側にて信号を受信しているのでTX+とTX-の端子にケーブルを接続します。

# よくある質問

質問:
下記図のようにLAN-UHD265Dに複数台のLAN-HD264Eを接続した場合、接続した全てのLAN-HD264Eに信号が行きますか?

答:
はい、全てのLAN-HD264Eに信号がいきます。
信号を送りたくない機器がある場合、⑤のシリアル情報の設定をLAN-UHD265D側と違う値(例えばビットレートをLAN-UHD265Dは2400bpsだったらLAN-HD264E側は9600bpsにするなど)すれば信号は伝送されません。

最終更新日: 9/22/2022, 6:42:17 AM