会社情報

会社情報

 

information
internet
interface
情報の伝達、共有はこれからのシステム条件となるでしょう。
機器を接続し単品では発揮することの出来ない価値をネットワークが有効的に接続し、大きな効果をもたらします。
監視システムはネットワークの時代です。
security
system
sensor
遠隔地から防犯、防災、防火、あらゆる場面を見逃さない仕組みが要求されています。
又、施設管理、設備管理にも効果の発揮する多目的なシステムを提供いたします
効果を有効に発揮するシステムをご提供いたします。
engineering
electronics
ethernet
機器の単品を並べても大きな効果は期待できません、私たちはローコストで優れたシステムをご提案いたします。
ネットワーク監視システムは地球規模の画像、音声監視を実現します。
communication
computer
camera
ブロードバンドの時代に合わせ、各種機器とコンピューター関連機器をネットワークで接続します。
遠隔監視、文字情報システム、位置情報システム等を融合したシステムをご提案申し上げます。

 

 

 

従来型の監視システムはモニタリングと録画が中心でしたが、21世紀を迎え通信インフラなどの急速な普及・高速化に伴なって、通信を融合させたシステムへと変化してきました。
私たちは画像と通信を両立させ、社会に貢献出来る事を目指しています。

会社の目的

通信とセキュリティを融合させたトータルシステムのご提案
映像情報に通信を組み合わせたシステムにより高度な映像通信システムに特徴を持たせます。
新技術を常に導入し技術的に業界をリードしたサービス提供を致します。

ブロードバンド時代の到来

通信の自由化、インターネットとパーソナルコンピュータの普及とスマートフォンの進化の中で、より高速な通信インフラが求められてきました。この高速通信を家庭、オフィスにもたらしたのがブロードバンド通信網で日本も世界で一番安価で利用できる国になりました、我々はこの環境を最大限に活用する仕組みの提供を推進致します。

画像と通信の融合

遠隔地の画像を見られたらとの要求は以前から多く存在しています、技術的には従来から可能でした、しかし高額の通信費用と機器費用そしてメンテナンス経費等から導入は困難と思われていました、この問題に正面から立ち向かって参ります.

高画質映像への挑戦

ニュースで良く見るぼやけた画像は昔のことです、今はフルハイビジョン映像の時代でとなりました、監視システムもハイビジョン化へと変化してまいりました、我々は高画質化へ常に邁進しています。

新たな時代への挑戦

インターネット対応を含めスマートフォン対応又ハイビジョン等最新技術を常に追求する思想が重要と考えて常に邁進してまいります。
ネットワーク対応は弊社の標準です、設立時はネットワーク対応が希少な時代でしたが弊社は一貫してネットワーク対応を継続して今に至っています。
ハイビジョン対応レコーダーは他社に先駆けて市場に投入いたしました。新しい技術に対応する努力を常に持ち、挑戦してまいります。

社名 アイゼック株式会社
設立 2004年10月
資本金 4,000,000円
代表取締役社長 中村 龍一
従業員数 4人
所在地/連絡先 〒183-0045 東京都府中市美好町2-9-2
TEL: 042-369-2041/FAX:042-369-2042
事業内容 ●画像関連機器の開発販売
●デジタルレコーダーの開発販売
●上記機器の開発とASP事業
導入先 国土交通省河川管路局、防衛庁、都市銀行ビル、日本放送協会、米軍基地、道路公団、地下鉄、製鉄、石油プラント、介護施設、駅駐輪場、建設現場、半導体設備、幼稚園、公立学校、マンション、コンビニ、スーパー、カラオケ店、病院、総合展示場、大学、幼稚園、高校、民報テレビ局 等
取引先
新川電機株式会社、日本電気株式会社、日立セキュリティーサービス、ソニーブロードバンドソリューション株式会社、大日本スクリーン製造株式会社、日本機材株式会社、株式会社森組、ユアサ商事株式会社、 
取引銀行 三井住友銀行府中支店
八千代銀行府中支店
UFJ銀行 草加新田支店
加入団体 武蔵府中商工会
武蔵府中法人会

 

 沿革
2019年4月 新しいスマートフォンアプリの追加
2019年3月 異常検出時スマートフォンにPUSH通知する機能を追加
2018年3月 AHD /HD-TVI /アナログに加えてIPカメラに対応したDVRの出荷を開始
2017年6月 AHD /HD-TVI /アナログカメラを混在して接続可能なハイブリッドDVRの出荷を開始
2015年10月 AHD Analog High Definition V2.0のカメラとレコーダーの出荷開始
2014年11月 フルハイビジョン1080p 60fpsエンコーダ―・デコーダー兼用機の出荷開始
2013年9月 1080p 60fps 画像伝送システムの提供開始
2012年9月 HD-SDIフルハイビジョンとアナログのハイブリッドレコーダーを追加
2012年4月 フルハイビジョンレコーダーとHD-SDIシステムの提供開始
2011年1月 ハイビジョン対応 HD-SDI出力のハイビジョンカメラの出荷を開始しました
2011年1月 ハイビジョン対応 HD-SDIのデジタルレコーダーの販売を開始しました
2011年1月 ハイビジョン対応画像伝送装置 LAN-HD264がフジテレビのハイビジョンテレビ中継で採用されました
2010年10月 東京ビッグサイトで開催された「危機管理産業展2010」に出展しました
2010年10月 IPカメラシリーズの販売を開始しました
2010年9月 ハイビジョン対応の画像伝送装置の出荷を開始
2009年9月 新世代画像圧縮技術H.264方式のデジタルレコーダーシリーズの出荷を開始
2008年11月 ワイドダイナミックレンジのスピードドームカメラ「PTZ-300」の出荷を開始
2008年11月 ハイエンド向け480fps16chのSVGA表示デジタルレコーダー「HD-1648HL」の出荷を開始
2008年10月 ミドルエンド向け240fps16chのデジタルレコーダー「VWHD-16200]の出荷を開始
2008年7月 画像機器のメンテナンス会社を設立
2008年5月 H.264圧縮方式の画像伝送装置「LAN-NTSC264」の出荷を開始
2008年4月 マウス対応セミハイエンドデジタルレコーダーHD-412/1612/812HLシリーズの販売を開始
2007年2月 64画面対応のデジタルレコーダー統合環境ソフトウエアの配布を開始
2007年1月 NTSC-LAN/LAN-NTSC変換装置の出荷を開始
2006年11月 ノイズリダクション付OSDカメラの出荷を開始
2006年6月 新型9/16CHデジタルレコーダーVWHD-9000/16000の販売を開始
2006年6月 新型4CHデジタルレコーダーVWHD-4500販売開始
2005年1月  デジタルレコーダー用ダイナミックDNSサービスを開始
2004年10月 画像と通信部門を分離、アイゼック株式会社設立
2004年7月  4CH MPEGレコーダーの出荷を開始
2003年4月  16chデジタルレコーダーの出荷を開始
2002年9月  VieWebサービスサーバー構築
2002年6月  画像通信事業を開始準備