Day&Nightと赤外線

特徴

Day&Nightカメラは日中はカラーで撮影し、夜間はモノクロに切り替えて暗い場所でも明るく撮影する機能を持っているカメラです。
赤外線カメラは赤外線投光機を内蔵している物を言う場合と、投光機は付いていないが、赤外線の撮影も可能な物が有ります。

一般にCCDカメラは赤外線を遮断するフィルターを内部に持っており、太陽光の赤外線がカメラに入ると白っぽい画像になるのを防止しています

又、一般の可視光線と赤外線は波長が異なる為、昼間はピントが合うが赤外線を使用するとピントが合わなくなる問題が発声する場合が有ります。

この場合は赤外線でもピントが合うDay&Night対応レンズを使用します。

 

赤外線フィルター自動切換え機能

夜間暗くなると赤外線を点灯し、赤外線撮影を行うカメラにて、昼間は赤外線フィルターを使用し、夜間は赤外線フィルタを電動で自動的に切り替える機能を有したカメラを使う事が望ましいです

赤外線対応レンズ

可視光線と赤外線の波長が異なっている為、夜間ピントが合いにくくなる事が有ります。

赤外線の波長でも可視光線と同じ様な屈折率を持つレンズを使用する事により改善されます。

Day&Night対応レンズと言われます。

赤外線LED

一般に赤外線タイプのカメラはLEDを使用しています。

LEDの波長にも数種類有り、LEDがほんのり赤く光るタイプと目には見えない波長だけを出すタイプが有ります。

赤外線LEDの光が前面の保護ガラスに反射すると画像が白っぽくなります。

赤外線が反射しない工夫がされているカメラを使用することをお勧めいたします。

又、赤外線LEDは寿命が有ります。

点灯したままだと1年から2年程度で明るさが半減します。

又、寿命の長い赤外線LEDを使用しているタイプが有ります。

赤外線の点滅機能

赤外線タイプのカメラは赤外線LEDを自動点灯させる機能を有した物と常時点灯している物が有ります。

赤外線LEDは寿命が有りますので、自動点灯するタイプが長期に渡り安定して使用できます