# SNMP機能で機器の状態を監視する


LAN-HD264シリーズでは、SNMP機能をつかって画像伝送装置の状態を監視する事ができます。

# 接続手順

  1. TWSNMPを立ち上げます

  2. 管理ツール>ノード検索をクリックします

  3. 開始アドレス、終了アドレスを入力する。
    今回はIPアドレス192.168.0.72のノードを追加したいので両方とも192.168.0.72を入力する。

  4. ノードが追加されるので右クリック>SNMP管理>MIBブラウザをクリックしていきます

  5. 追加をクリックします

  6. enterprises を選択し、選択をクリックします

  7. 実行をクリックします

  8. MIB情報が出力されるので、保存をクリックし、取得結果のテキストファイルを保存します

  9. 出力結果とMIB定義ファイルを見比べます
    MIB定義ファイルとは?
    MIB定義ファイルはKEX-MIB.TXTとKEX-TABLE-MIB.TXTの二種類が存在する。
    KEX-MIB.TXTが先に読み込まれる。
    出力結果4行目のV3.005B01_T100を見て、FWのバージョンだとわかればK EX-MIB.TXTの赤枠部分がシステム関係のステータスであるとわかる。

同様に出力結果の下2桁が4行ごとに1ずつ増加して18まで増えている行がある。
KEX-TABLE-MIB.TXTではchStatusEntryが18まで定義されているのでenterprises.40686.1.2.3.1.xxはchStatusEntry関係の出力結果と推測できる。

7番目の"chCurBitRate"と11番目の"chCurFrameRate"がbpsとfpsの値と推測できる。

192.168.0.72のブラウザ設定画面でもほぼ同じ値のbpsとfpsが確認できたので取得したいOIDは上画像の赤枠で囲った部分であると絞りこめる。

最終更新日: 9/22/2022, 6:42:17 AM