トップ ページ 
製品紹介 
資料 カタログ 
サポート 
サイト マップ 
お問合せ 
アイゼックとは 
最新情報 
販売店様 
採用情報 

 


AHD/HD-TVI/CVBS DVR 
AHD/HD-TVI /CVBS/IP DVR 
HD-SDI レコーダー 
旧モデルデジタルレコーダー 
遠隔監視ソフト UMS 
256分割遠隔監視ソフト 
AHD/HD-TVI QA 
Q&A 
[ダイナミックDNS] 
[NTP時刻補正] 
屋外レコーダーBOX 
スマートフォンアプリ 

ここで紹介するのはパソコンからインターネットを経由して画像サーバーに接続する時に、デジタルレコーダーのIPアドレスを使用して接続しますが、通常のプロバイダとの契約ではIPアドレスが変化してしまいます、IPアドレスが変化しない契約は固定IPですが、毎月の費用の増大も有りますので、 DynamicDNSでIPアドレスが変化しても名前で接続できる方法を紹介します。

尚、 DynamicDNSを使用するには現在のIPアドレスをDDNSサーバーに常に報告する必要が有ります。

アイゼックのデジタルレコーダーはダイナミックDNSをサポートしています。

DNSはIPアドレスと人にわかりやすい名前の関連付けをしています

インターネットなどのTCP/IPネットワークでは、それぞれのホストに 「IPアドレス」というユニークな数字の列(192.168.0.100など)が付けられており、その数字の列を使ってホストを識別します。
しかし、数字の列では覚えづらいので、もっと判り易い名前に置き換えられる様に名前(ドメイン名)を使ってIPアドレスとドメイン名の関連付けをしているサーバーが 「DNS」と呼ばれるドメインネームシステムです。

インターネットを利用する場合、判り易く置き換えた名前(ホスト名と、その親に当たるドメイン名)を使うのが一般的です、実際には名前(www.isecj.jpなど)でアクセスするとDNSサーバーに問い合わせを行い、ホスト名からIPアドレスを受け取ってからアクセスしています。

DynamicDNSは固定IPでは無く、接続するプロバイダが割り付けてくるIPアドレス(動的)が変化した時に自動的にDNSサーバーにIPレポートを送信します

一般的なDNSでは予め用意された IPアドレスとホスト名の対比表作成し、その情報は固定されています。
DynamicDNSは、対比表の内容を動的に書き替える事ができるため、たとえば、ホストのIPアドレスがDHCPにより変わってしまったとしても逐次更新することによりグローバルな固定のホスト名を維持することができるのです。

IPアドレスが変動しても、固定のドメイン名が有ればドメイン名で接続が可能となります。

デジタルレコーダーは接続されているルーターのWON側IPアドレスを、DynamicDNSに情報伝達してアドレスを更新します。

弊社が提供するダイナミックDNSサービス

弊社の機器をご購入していただいたお客様にはダイナミックDNSのサービスを無償にてご提供いたしております。

このサービスは無償サービスですので回線接続を保証する物では有りません。

又、メンテナンス等は随時行なっていますが、事前に利用者に対しての通知などのサービスは行なっておりません。

より安定した接続をご希望のお客様は固定IPによる接続をお勧め致します。

プライベートIPアドレスはLANで接続されたローカル(家庭内、会社内)のアドレスです

閉ざされたローカルエリアネットワーク(LAN)などで自由に使ってよいIPアドレスです。

10.0.0.0〜10.255.255.255
172.16.0.0〜172.31.255.255
192.168.0.0〜192.168.255.255

反対にグローバルIPアドレスとは、インターネット上で利用できるユニークなIPアドレスのことです。

NAT(Network Address Translation)は外部のグローバルアドレスで接続されたアドレスをプライベートアドレスに変換します

IPアドレスを違うIPアドレスに変換する技術です。
ADSL等のルーターには、このNAT技術や「IPマスカレード」という1つのIPアドレスを複数の端末で利用可能にする技術を使用することにより、インターネット側の1つグローバルIPアドレスをLAN側の複数のプライベートIP端末から利用可能にしています。

Copyright(C)  2004-2019  isec Corporation