トップ ページ 
製品紹介 
資料 カタログ 
サポート 
サイト マップ 
お問合せ 
アイゼックとは 
最新情報 
販売店様 
採用情報 

 


デジタルレコーダ 
監視用カメラ 
画像伝送装置 
カメラ周辺機器 

 

過去  家庭用のテレビ等は縦4:横 3の比率でした、しかし現在はハイビジョンの時代となり縦16:横9の比率になりました。

 

地デジ等ハイビジョンが主流となった今日4:3のモニターの入手が困難な時代になっています。

又、パソコン用のモニタ ーも16:9のワイドスクリーンになり低価格で入手できるようになりました。

 

今日、監視用レコーダーのモニター出力も HDMI が主流となりワイドスクリーンでの表示になっています。

 

img1.gif

 

  従来の CCD カメラの映像を最近のワイドモニターで表示すると横長で表示されます

 

img2.gif

 

16:9の画像を4:3のモニターに 表示すると幅が狭い画像になります。

 

img3.gif

 

AHD カメラのアナログ出力は16:9の画像になっています。

ワイド スクリーンでご利用いただけます。

Copyright(C)  2004-2020  isec Corporation